ダンロップ・スリクソン福島オープンゴルフトーナメント(6月27日~30日 会場:西郷村・グランディ那須白河ゴルフクラブ)では、第6回を迎えて今大会も中嶋常幸プロ、髙橋竜彦プロ、古閑美保プロの3人が大会公式アンバサダーとして、大会期間中やプレイベントで大会を盛り上げます。

中嶋常幸

群馬県出身。1975年プロ入り後、賞金王4回、シニアも合わせて日本タイトル7冠、通算64勝など、数々の栄冠を手にしてきた日本ゴルフ界のレジェンド。ジュニア育成にも力を注いでいる。主な教え子には、畑岡奈紗プロがいる。

髙橋竜彦

福岡県出身だが、キャディを務める葉月夫人が福島県出身ということもあり、福島は「第二の故郷」と公言する。現在はいわき市・浜通り交通に所属、ツアー選手権など日本ツアー2勝のベテランが「ふくしま代表」として大会を盛り上げる。

古閑美保

熊本県出身。LPGAツアー通算12勝、2008年には賞金女王を獲得。2011年に惜しまれながら引退。その後は解説業などで、ゴルフの魅力を普及する活動を続けている。夫はダンロップ・スリクソン福島オープン初代王者の小平智。